Blog&column
ブログ・コラム

輸入のホイールが汚れやすいのはなぜ?

query_builder 2022/07/03
コラム
46
輸入は海外特有のスタイリッシュなフォルムが魅力ですが、国産に比べてホイールが汚れやすいのが欠点だと言われています。
これはどうしてなのでしょうか。
今回は輸入のホイールが汚れやすい原因について解説していきましょう。

▼国産よりも輸入のホイールが汚れやすい理由
のホイールの汚れは、ブレーキパッドから出るダストが主な原因です。
を運転する以上、ある程度のダストの発生は仕方ないとも言えます。
しかし、それなら国産のホイールも輸入と同じように汚れなくてはおかしいですよね。
実はこれは、の性能の違いに原因があると言われています。

■輸入は摩擦が多い
日本は法定最高速度が海外よりも低いため、国産のブレーキパッドの強さが輸入に比べると弱くなっています。
ブレーキパットの力が弱いということは摩擦の力も低いということですから、ダストはそれほど発生しません。
反対に輸入はスポーツカーに近いブレーキ性能が備わっていることが多く、強い摩擦が発生します。
当然ダストも多く生まれますので、それがホイール付着し黒い汚れになるというわけです。

■輸入のホイールを綺麗に保つには
輸入のホイールが汚れやすいのはブレーキ性能の違いによるものです。
つまりブレーキパッドの交換を行えば、ある程度ダストを軽減することができるでしょう。
もしくは、ホイール自体をコーティングして汚れをつきにくくするのも手です。
こうした対策については、ぜひ輸入のメンテナンスを得意とする業者にご相談ください。
エムテックでも、ホイールの汚れ対策を国産・輸入問わずお引き受けしています。

▼まとめ
は安全に乗れるだけでなく、見た目も綺麗に保ちたいものですよね。
ホイール部分が汚れると全体的に古びた印象になってしまいますから、ぜひ定期的にチェックしながら美しい状態を維持していきましょう。

NEW

  • 塗装 研き 組付

    query_builder 2021/12/08
  • サイドミラーの修理にはどれくらいかかるの?

    query_builder 2022/08/05

CATEGORY

ARCHIVE