Blog&column
ブログ・コラム

を擦ったときにできたキズを自分で修理する方法について

query_builder 2022/01/15
コラム
36
擦りキズは気づいたらできていることが多く、そのままにしておくのはカッコ悪いですよね。
しかし、小さい擦りキズ修理に出すのは気が引けるという方もいると思います。
そこで今回は、にできた擦りキズを自分で修理する方法について解説していきます。

▼コンパウンドを使う方法
まずは擦りキズがある周囲を水洗いし、濡れた布巾などを使って汚れやホコリを落とします。
きれいになったら、布やスポンジにコンパウンドをつけて優しく磨いていきます。
力を入れすぎるとボディが変色してしまう可能性があるので、キズを削り取っていくイメージで磨きましょう。
キズが薄くなったら、徐々に細かいコンパウンドにしてさらに磨いていき、最後に液体コンパウンドで仕上げをして終了です。
スポンジには研磨剤が残っているので、コンパウンドを変えるときはスポンジも新しいものを使うようにしましょう。

▼タッチペンを使う方法
少し塗装が剥がれてしまった場合には、タッチペンを使うのがおすすめです。
まずは擦りキズがついている部分を水洗いし、脱脂材を使って油分を落とします。
そして、キズの周りに塗料がつかないようにテープなどでボディを保護します。
タッチペンを使ってキズを埋めていき、塗料を塗り終わったら乾燥させるという工程を塗料が盛り上がるまで繰り返します。
そして再度しっかり乾燥させたら、塗料の盛り上がりをなくすために耐水ペーパーで優しく磨いて終了です。

▼まとめ
軽度の擦りキズは自分で消すことができるので、ぜひやってみてください。
キズが大きい場合や自分でやるのが面倒だという方は、気軽にご相談ください。

NEW

  • 塗装 研き 組付

    query_builder 2021/12/08
  • に錆を発見したらどうすれば良い?

    query_builder 2022/05/15

CATEGORY

ARCHIVE