Blog&column
ブログ・コラム

ヘッドライトをスモーク化する際の注意点について

query_builder 2021/09/08
コラム
22
体をかっこよくカスタマイズしたけど、ヘッドライトだけなんだか浮いて見える…」という経験がある方もいるのではないでしょうか。
せっかく自分好みにカスタマイズしても、まとまりがないと残念な仕上がりになりますよね。
そんな方にはヘッドライトをスモーク化するのがおすすめですが、いくつか気をつけなければならないことがいくつかあります。
そこで今回は、ヘッドライトをスモーク化する際の注意点について解説していきます。

検に通らないことがある
ヘッドライトをスモーク化すると、検に通らないことがあります。
この判断基準はライトを点灯したときの明るさですが、DIYでスモーク化する場合はどのくらいならセーフかわからず結果的に検に通らないというケースもあります。
検に通るようにするには専門の業者に依頼するのが一番ですが、自分で行う場合は保安基準を満たすようにしましょう。
保安基準とは、「点灯時のヘッドライトの色は白」「明るさは6400カンデラ以上」「カットオフラインが出る」の3つです。

▼視界が悪くなる
ヘッドライトをスモーク化すると、光量が減少して視界が悪くなります。
スモークの濃さにもよりますが、スモークが濃いほどライトの透過性が悪くなり視界不良になります。
保安基準でライトの明るさは6400カンデラ以上と定められているので、必ず守るようにしましょう。

▼まとめ
ヘッドライトを自分でスモーク化すると検に通らないことがあるので、スモーク化をお考えの方は専門の業者に依頼するのがおすすめです。
ヘッドライトのスモーク化についてのご相談は、気軽にお問い合わせください。

NEW

CATEGORY

ARCHIVE