Blog&column
ブログ・コラム

キズを自分で直さないほうがいいケースについてご紹介

query_builder 2021/07/01
コラム
9
キズができてしまったらショックですよね。
最近ではさまざまなカーケア用品が発売しているため、自分で直すこともできると考える方が多いのではないでしょうか。
しかし、キズは自分で直さないほうがいいケースもあるので今回は詳しくご紹介します。

▼塗装の下地が見えている
の下地が見えている場合は、自分で直さず専門家に依頼しましょう。
下地とはサーフェーサーなどを指します。
ボディカラーを保護するためのクリア層が剥げてしまうと、雨などの外的要因でサビてしまう可能性があります。
すぐに対処しないと、の状態はさらに悪くなってしまうので注意しましょう。

へこみが大きい
へこみが大きく、塗装の剥がれや金属がむき出している場合はパテで修復することが難しいです。
自分でなんとか直そうとしても、素人だと上手く対処できないので専門家に依頼しましょう。

キズは専門家に依頼
上記であげた他にも、目立たないキズ以外は専門家に依頼することをおすすめします。
自分で直せそうと思っても、直すためには修復方法や道具の知識が必要になるからです。

▼まとめ
今回は、キズを自分で直さないほうがいいケースについてご紹介しました。
キズがついてしまった場合は、早めに業者に連絡をして対応してもらうようにしましょう。
また、当店は板金塗装を承っています。
板金塗装はキズの修復に最適なので、キズでお困りの場合はぜひお気軽にご相談ください。

NEW

CATEGORY

ARCHIVE